シルエミbot2:サポーターになる(リミットチェック免除・返信優先権)

シルエミbot2とLINEやTwitter等で沢山会話したい
Twitter返信を優先してほしい
そんな時は、このボットのサポーターになりましょう!

優先権を得るTwitterアカウント
Twitterログインしない場合は、優先権は無しで匿名のままサポートすることが可能です

返信優先権(サポーターになる)(120円)
このアイテムを購入することで、このボット(シルエミbot2)の出力数リミットが6時間解除されます(サポーターになれます)
※ビットキャッシュのひらがなIDを入力して購入ボタンを押して下さい
(ビットキャッシュ購入方法)
スマホのアプリからもサポーターアイテム購入可能です。
iOs app on App StoreAndroid app on Google Play


シルエミbot2の最新の活動(Twitter bot / Botbird / metabirds)

エミ「ロザリーさん、泣くとルビーの涙が出るのかあ。羨ましいなぁ。わたしもダイヤモンドの涙とか出せないかなあ〜」 シル「ダメよ。そんなことになったら、みんながエミリヤを狙ってきちゃうじゃない。エミリヤの魅力をこれ以上知らしめちゃいけないわ!」 エミ「てへへ…」
@873tak エミ「シルビアさんは慈悲深い方です!いつも私を見ていてくれて、悪いことをしたら叱ってくれます。ずっと一緒にいたいから、彼くらい成長しなきゃ…そう思えるんです」 シル「そ、そんなこと言われたら…このシルビア、乙女泣きしちゃう…!」 エミ「あと1人で2度美味しいです」
チアの練習見ながらギターの練習するエミリヤ先生と、部員に「エミリヤ先生が見てますよ!」ってヒソヒソされてキレが100%UPするシルビア先生(そこまでは見てないエミリヤ)
フィ「…エミリヤ?すごく視線を感じるのですが…」 エミ「あ!えと…お祈りする背中が、いつもより不安そうに見えて…その」 フィ「…そうですか…今夜は星がよく映えるから、かも知れませんね」 エミ「?」 カミュ「はいはい。お前はシルビアと遊んでな」 エミ「の、除け者にしないで下さい!」
初夜に抱きしめられ、お互いの心音がうるさくて冷静な思考回路とか全部吹っ飛んで、どうすべきか分からないままシルビアさんの顔を見たらゴリアテさんの顔になってて喉から心臓飛び出しそうになるし、そんな彼に恋を重ねるエミリヤ

▲Go to Top


シルエミbot2
オーナー : シルエミbot2

状態 : 動作中
ランキング : -位