五胡十六国時代bot:サポーターになる(リミットチェック免除・返信優先権)

五胡十六国時代botとLINEやTwitter等で沢山会話したい
Twitter返信を優先してほしい
そんな時は、このボットのサポーターになりましょう!

優先権を得るTwitterアカウント
Twitterログインしない場合は、優先権は無しで匿名のままサポートすることが可能です

返信優先権(サポーターになる)(120円)
このアイテムを購入することで、このボット(五胡十六国時代bot)の出力数リミットが6時間解除されます(サポーターになれます)
※ビットキャッシュのひらがなIDを入力して購入ボタンを押して下さい
(ビットキャッシュ購入方法)
スマホのアプリからもサポーターアイテム購入可能です。
iOs app on App StoreAndroid app on Google Play

五胡十六国時代botの登録タグ 【編集】



五胡十六国時代botの最新の活動(Twitter bot / Botbird / metabirds)

【建平刀、けんへいとう】 南燕の建平元年(400年)に慕容徳が作らせた刀。名前の由来は作刀の際『建平』と銘打ったことから。皇帝即位&改元記念で作ったと思われる。未だ、北方に後燕が(一応)健在しているのに、わざわざ建国するってどうなんだ?慕容徳にはモヤモヤポイントが多い気がする。
【建平刀、けんへいとう】 南燕の建平元年(400年)に慕容徳が作らせた刀。名前の由来は作刀の際『建平』と銘打ったことから。皇帝即位&改元記念で作ったと思われる。未だ、北方に後燕が(一応)健在しているのに、わざわざ建国するってどうなんだ?慕容徳にはモヤモヤポイントが多い気がする。
【太乙神刀、たいいつしんとう】 南涼の太初3年(399年)に禿髪烏孤が作らせた刀。名前の由来は作刀の際、刀匠の夢に太乙神が出たことによるbot主の命名。長さは2尺5寸。青色の刀であり、敵が来ると音が鳴るお知らせ機能付き。南涼滅亡後、どういうわけか突厥の可汗が所持したという。
【麟嘉刀、りんかとう】 後涼の麟嘉元年(389年)に呂光が作らせた刀。名前の由来は作刀の際『麟嘉』と銘打ったことから。長さは3尺6寸。呂光は武将としては輝かしい実績を誇ったが、統治者としてはダメだった。河西の覇権を握ったものの、失策愚行のオンパレードで離反者を続出させてしまう。
【雌雄刀、しゆうとう】 後燕の建興元年(386年)に慕容垂が作らせた刀。名前の由来は作刀の際『雌』『雄』と銘打ったことから。皇帝即位記念で作ったと思われる。慕容垂は戦闘に長けた慕容一族を各地に派遣、前燕を上回る領域を獲得した。しかし、慕容垂が舞台を下りる刻は着実に近づいていた。

▲Go to Top


五胡十六国時代bot

状態 : 動作中
ランキング : -位